どうなの?レーザー脱毛ってこんな物!

永久脱毛はクリニックのみで可能

脱毛することを検討している人の多くは、エステと美容皮膚科などの美容系クリニックとで施術を受けることができるのをご存知でしょう。エステとクリニックでは、それぞれむだ毛にアプローチする方法が異なります。
実は、意外と知られていないことですが、エステで行っているのは厳密に言うと脱毛ではありません。エステでは一時的に毛を減らす減毛を行っており、いったん完了しても何年かすると毛が再生する可能生があります。
そこで、永久脱毛を希望するならクリニックで脱毛施術を受けることになります。クリニックでは医療レーザーを用いて脱毛施術を行っています。それでは、永久脱毛を可能にするレーザー脱毛とはいったいどういうものでしょうか。

レーザー脱毛のしくみとメリット・デメリット

医療脱毛で用いられるのは黒い色素に反応する特質を持つレーザーです。このレーザーを肌に照射すると皮膚の下にある毛根に熱エネルギーが集中します。この熱によって毛根の根元にある毛乳頭や毛母細胞を破壊することで、脱毛効果を得るのが医療レーザー脱毛のしくみです。毛乳頭は毛細血管から栄養や酸素を受け取って毛母細胞に受け渡す役割を担い、毛母細胞は酸素や栄養を受けて分裂を繰り返し、やがて毛となって生えていきます。このふたつを破壊することで、今ある毛は抜け落ちて、新たな毛も生えてこなくなるわけです。効果が高いのが最大のメリットですが、高温となるため痛みが強く、火傷を起こすリスクがある点がデメリットと言えるでしょう。
しかし最近では、じんわりと熱を蓄えてダメージを与える蓄熱式という方式が出ていきました。弱い熱を連続して継続的に与えるため、痛みが少なく施術スピードが早いという特徴を持ちます。

鼻の下の産毛、あご下に時々生えるヒゲも、顔のレーザー脱毛なら肌を傷めずキレイにしてくれます。回数を重ねれば化粧ノリもよくなり、肌のハリもよみがえります。